Q&A

佐賀大学教員免許状更新講習 Q&A

Q1.受講申込手続きで、受講料納付書や受講申込書の印刷ができません。
 対処方法はこちらよりご確認ください。
 上記の方法で印刷ができない場合は、佐賀大学教員免許更新講習室(以下、「教員免許更新講習室」)までお問い合わせください。
Q2.講習の1日の流れを教えてください。
 講習のおおまかな流れは次のようになります。朝は9時から講習が始まり午前中は休憩をはさみ3時間の講習です。お昼休みをはさみ午後も講習、試験などが3時間ほどあり16時30分には終了する予定です。詳細は講習一覧に掲載しているシラバスをご確認ください。
Q3.講習当日の持ち物について教えてください。
 ①「受講票」(届出様式の「各種資料」よりダウンロードできます。)
 ②筆記用具
  ※解答用紙がマークシートの場合は鉛筆を使用してください。
 ③腕時計(スマートフォン、携帯電話は履修認定試験では使用できません。)
 ④その他(講習によっては別途持参していただく場合があります。詳細は管理システムから、講習内容(シラバス)をご確認ください。)
Q4.受講決定後、都合により受講できなくなった場合は、どうすればよいですか。
  納入した受講料は返還されますか。
 まず、受講可能な他の講習への振り替えをご検討ください。それでも振り替えが困難な場合は、電子メールで教員免許更新講習室までご連絡ください。
 講習日の5日前までに返還の手続きをされた場合は、その受講料より返還に要する手数料(1講習につき1,000円)を差し引いた額を返還します。
 また、返還すべき事由が本学による場合は全額返還いたします。

詳細は「令和2年度佐賀大学教員免許状更新講習のご案内」「8.受講料の返還について」をご参照ください。
Q5.講習会場へ自家用車で入構できますか。
収容台数に限りがありますので、なるべく相乗りか公共交通機関をご利用ください。
駐車場の利用につきましては、『令和2年度佐賀大学教員免許状更新講習のご案内』の「12.注意事項」をご参照ください。
Q6.講習開始時刻に遅れた場合は、どうなりますか。
 講習は、教育職員免許法の定めにより、30時間以上受講することとされており、遅刻等は原則として認めておりません。なお、交通機関の遅延等やむを得ない事由による場合は、講習会場受付に直接お申し出ください。
Q7.昼食時に大学の学生食堂等を利用できますか。
土日祝を除く平日は大学会館食堂が11:00~20:00まで、大学会館購買店が10:00~17:00までご利用いただけます。夏季休業期間中、年末年始につきましては、佐賀大学生活協同組合HP(http://kyushu.seikyou.ne.jp/scoop/service/index.html)をご確認ください。
また、大学周辺にはコンビニエンスストアや食堂もありますが、昼食の持参をお勧めします。
Q8.昨年取得したID、パスワードは今年度も利用できますか。
 ID、パスワードは年度をまたいでの利用が可能です。取得したID、パスワードを忘れた場合は、教員免許更新講習室までお問い合わせください。
Q9.受信テストメールの返信が届きません。
 登録をして1日以上経過しても届かない場合はメールアドレスの誤入力が考えられますので、教員免許更新講習室までご連絡ください。
 なお、携帯電話のメールアドレスを登録されている場合は、パソコンからのメールを受け付けない設定になっている可能性がありますので、以下のアドレスからのメールを受信できるように設定をお願いいたします。設定方法は機種によってことなりますので、詳細は携帯電話会社等にお問い合わせください。
@necps.jp
@mail.admin.saga-u.ac.jp
@cc.saga-u.ac.jp
Q10.ID・パスワードを複数取得しました。
 使用しないID・パスワードを削除いたしますので、教員免許更新講習室までご連絡ください。
Q11.受講申込書の印刷ボタンが表示されません。
 受講予約を行った後、事前アンケートに回答されますと、印刷ボタンが表示されます。
Q12.ID・パスワードを入力しましたが、ログインできません。
 パスワードの誤入力と思われますので、ID・パスワードが送られてきたメールからパスワードをコピー貼付して、ログインを行ってください。それでもログインできない場合は、教員免許更新講習室までご連絡ください。
Q13.住所やメールアドレスなどを変更しました。
 住所やメールアドレスなど、登録情報に変更が生じた場合は、管理システムの、「ユーザー(受講者)情報の変更」より、必ず、登録内容を更新してください。
Q14.免許の更新に必要な講習は、誰でも受けられるのですか。
 講習が受講できるのは、教員、採用内定者のほかに、過去に教員として勤務した経験がある者、臨時任用(または非常勤)教員リスト登載者などです。教員でなく、また教員になる予定もない方は、免許状を持っていても受講できません。
Q15.現在、教諭として働いていますが、養護教諭の免許も所持しています。この場合、どの講習を受講すればよいですか。
 選択講習については、免許状の種類(旧免許状、新免許状)によって、受講する講習が異なります。詳細は、「令和2年度佐賀大学教員免許状更新講習のご案内」の「3.講習の履修方法と受講料について」をご参照ください。
Q16.教員免許を持っている実習助手や栄養職員などは、講習を受講できますか。
 実習助手、寄宿舎指導員、学校栄養職員や養護職員は、すべて教諭と連携しつつ、幼児・児童・生徒の指導に日常的に関わる点において、教諭、養護教諭、栄養教諭に準ずる職務にあると考えられます。よって、これらの者で教員免許を持っている者についても希望すれば講習を受講できます。
Q17.免許状の氏名が旧姓のままですが、更新できますか。
 更新手続完了後に、旧姓の教員免許状原本と免許管理者が発行する新しい姓の「有効期間更新証明書」又は「更新講習修了確認証明書」を合わせて所持することにより、教員免許状が更新されていることの証明になります。
Q18.受講者が講習の申込みをする際に、受講対象者であることをどのように確認するのですか。
 その教員が勤務する学校の校長や、その者を雇用しようとする者、臨時任用(または非常勤)教員リストに掲載している者に受講対象者であることの証明を受け、その証明書の提出をもって、受講対象者であることを確認します。
Q19.複数の大学で講習を受講した場合、更新手続きはどうなるのですか。
 開設者(大学等)は、講習ごとに履修認定を行います。受講者は、各講習の履修証明書を免許管理者に提出し、免許状の有効期間の更新又は更新講習修了確認を受けることになります。